寿命や故障のサイン|取り付ける給湯器を選ぶならランキングを確認

取り付ける給湯器を選ぶならランキングを確認

作業者

寿命や故障のサイン

リモコン

故障のサイン

お風呂のお湯を沸かしたり、台所のお湯を出したりするときに使用する給湯器。給湯器は機械の調子の良し悪しが分かりにくいため、突然お湯が出なくなることがあります。特に冬場は冷たい水から温かいお湯にするため、給湯器に対する負荷がかかり故障しやすい時期といわれています。故障の状態によっては交換が必要になることもあります。自宅で使っている給湯器に次のような症状が出たら、寿命や故障のサインであるため修理や交換を検討しましょう。お湯を出すときに機械から本体から黒い煙が出ていると不完全燃焼を起こしている可能性があります。また給湯温度が一致しなかったり、お湯がぬるかったりする場合も注意が必要です。更に追い焚きができなかったり、給湯器から大きな着火音が出ていたりするときも故障が考えられます。

取り換える目安とは

一般の家庭で使われている給湯器の寿命は10年前後といわれています。もちろん設置環境や使用状況によって寿命に差が出ますが、長く使っているほど故障しやすくなります。給湯器にちょっとでも異常があれば修理や交換をする必要がありますが、どちらがベストなのか迷ってしまいます。一般に10年以上使って故障が起きれば、交換の目安とされています。何故ならば製造後10年以上たつと部品の製造を終えてしまうメーカーがほとんどで、修理しようにも保守部品がないということがあるからです。また対応できたとしても修理費がかかってしまい、交換したほうが安く済むケースもあります。従って業者に修理の見積もりを出してもらい、その費用によっては思い切って交換しても良いでしょう。